case study

Transmission & Distribution

EMS UIのアップグレード - 状況認識機能の搭載

QuESTは既存のエネルギー管理システム(EMS)におけるUXアプリケーションのアップデートに携わり、モダンなUIレイヤーを通じた「リアルタイム状況認識」機能の搭載に成功しました。

スコープ

  • 既存EMSのUXアプリケーションをアップデートし、PMUからのリアルタイムデータを処理する 
  • UIシステムに本格的な状況認識機能を構築

 

アプローチ

  • 技術スペクトルのフィージビリティー分析を実施し、WPF .NETが最適なテクノロジーであると判断
  • フィージビリティー分析の結果に基づき、既存UIシステムの技術およびアーキテクチャを変更
  • JIRA、TFS、Lync、TeamCityなどのツールを活用し、各拠点のチーム間でのコラボレーションを促進
  • 開発にはアジャイルスクラム方式を使用

 

結果およびそのメリット

  • レガシーUIシステムをWAMSにアップグレードし、本格的な状況認識機能を搭載
  • 新しいUIシステムを期日までに納品し、主要設備への実装も完了
  • 以下の特徴を備えた、高性能の状況認識機能を実装
    • 電圧&周波数パターン
    • フローアニメーション
    • フライアウト&ポッド
    • マーカー&マーカーコンテナ
    • オーバーレイ
    • ダッシュボード