case study

Transmission & Distribution

SASテストの自動化

SAS(変電所オートメーションシステム)のテスト、ビルド、およびリリース管理の自動化により、お客様のテストスケジュールを8週間から3.5週間(回帰サイクル)まで短縮することに成功しました。

スコープ

本格的なテスト自動化ラボを設置し、以下のツールを用いてSASのテスト、ビルド、およびリリース管理の継続的な統合と自動化を実施しました。

  • IED、プロトコルシミュレータ、高圧&高電流シミュレータ
  • テストスクリプト用のオープンソースツール

 

アプローチ

  • 複数のツール、プラットフォーム、カスタムフレームワークを使用
  • 使用ツール:Triangle Micro Works、Wireshark、SVN、Devtest、Devtrack
  • 使用プラットフォーム:Windows XP / 7 / 2008 Server

 

結果およびそのメリット

  • テストスケジュールを8週間から3.5週間(回帰サイクル)まで短縮
  • オープンソーススクリプトでの自動化テスト
  • 業務サイクルに応じてチーム規模を柔軟に拡大/縮小
  • 各製品のリリース前に回帰テストを完了

 

  • 約4200のテストを自動化
  • 200以上の不具合を検知・報告
  • 年間平均回帰数10