case study

Transportation

IVI HMI & アプリケーション開発

QuESTは独自のローカル/グローバル・デリバリー・モデルを活用して車載インフォテインメントシステムの開発を実施。業界でもその高い品質が認められ、広く話題となりました。

欧州OEMプログラム向け IVI HMI & アプリケーション開発

 

スコープ

お客様はインフォテインメントヘッドユニットへのHMI機能搭載をご希望で、QuESTが要件分析からテストまですべてを一貫して担当することに。また、車載機能のサービスレイヤー全体(設計、開発、テスト、統合)、MOSTネットワーク経由でヘッドユニットシステムのパラメータを設定するローカル構成ツールの開発(設計、開発、テスト)も必要でした。

 

アプローチ

QuEST Globalのプロジェクトチームは世界3拠点をベースにOEMと連携し、ティア1サプライヤーに代わって仕様書定義、システムサポート、統合テストを実施。納品についてはアジャイルスクラム開発モデルを用いたインクリメンタル型のリリースを採用しました。

ソースコードは複数のロケーションから中央サーバに集める必要があったため、その作業をシームレスに行えるよう継続的な統合プロセスを実施したほか、回帰テストは毎日自動でビルド&実行するようスケジューリングしました。

 

結果およびそのメリット

「インフォテインメントシステム(HMI)最優秀賞」受賞