case study

Cabins

キャビン空調システム制御ソフトウェアの開発

スコープ

  • A350型旅客機の空調システム制御ソフトウェアおよびGUIの設計・開発 – キャビンゼロとの統合
  • ソフトウェアの目的:キャビン空調管理システムの統合、および地上における機能表示
  • コントローラエリアネットワーク(CAN)バス5つのエミュレーション

 

アプローチ

  • バルブおよびファン制御を行う高度機能の設計
  • LabVIEW 2010での詳細設計
  • アナログ/デジタル入出力にNI測定システムを利用
  • PCI 8512/2でのCANバスエミュレーション
  • テストプランの策定&テスト実施

 

結果

  • テストのセットアップ構成過程における手動操作を削減
  • 代替ソリューションの提案および実装