case study

Power

試運転に向けてのコンセプト策定

QuEST Globalはお客様の水処理プロジェクトのコンセプト策定から試運転(コミッショニング)フェーズまでをサポート。オンサイトでのプログラミングから試運転までの期間短縮に成功しました。

水処理工場向けの開発サポート

 

スコープ

お客様は水処理ソリューションの著名プロバイダで、工場設計から詳細設計~開発までの包括的なサポートを希望されていました。QuESTはプロジェクトのコンセプト策定から試運転フェーズまで、エンドツーエンドでお客様を支援することとなりました。

 

このプロジェクトでQuESTのエンジニアがサポートした分野は以下の通りです。

  • 基本設計:P&ID/PFDの作成、機器リスト、データシート、工場レイアウト、ROスキッドGA、機器GA、電気負荷リストの提供
  • 企画提案:水処理工場のレイアウト、P&ID、主要機器の仕様書、機器リスト、バルブリスト、BOQ
  • 詳細設計:工場の3Dモデルの作成、配管設計+BOM、支持構造設計+BOM、ケーブルトレイ設計、スキッド設計、完成版の電気・計装パッケージ
  • プログラミング:Allen Bradley PLCコーディングおよびシミュレーションテスト

これに加えて、O&Mマニュアルの作成とオンサイトでのお客様サポートも実施しました。

 

アプローチ

QuESTのチームは段階的にプロセスを進め、多数の納品物を伴うマルチフェーズのプロジェクトを完遂しました。まずはプロジェクトスコープの詳細検証・分析からスタートし、工場レイアウトの作成とお客様レビューを進めました。レビュー後は機器GAと工場の3Dモデルを作成。3Dモデルから製造図面を抽出し、製造現場への適用を指揮したのち、調達用の部品表とSAPでの購買依頼を作成しました。

お客様との定期レビューは、お客様の期待通りにプロジェクトが遂行されているかの確認を含めて、プロジェクト進捗の30%、60%、90%時点でそれぞれ実施しました。

QuESTのチームはまた、ベンダー各社を訪問して技術支援を実施。プロジェクト完了に伴い、O&Mマニュアルを作成して運用を担当する各拠点の技術者に配布しました。

このプロジェクトでは以下のツール、言語、標準を使用しました。

  • 設計標準:ANSI、API、ASME Sec VIII Div 1、IEC
  • 設計ツール:
    • Piping – Bently Plantspace:AutoCAD、Tekla(構造設計)
    • PLC:Rockwell RSLogix
    • EE:AutoCAD
    • Tech Pub- Madcap Flare (Tech Pub用)
    • SAP ERPシステム

 

結果およびそのメリット

QuESTのエンジニアは15000人月をかけて、各地域の技術標準や言語の壁などさまざまな課題を克服。PLCの事前テストにより、オンサイトでのプログラミングから試運転までの期間短縮に成功しました。この7年間、QuESTのチームは優秀な結果を残しており、現在はお客様の信頼できるパートナーとして密に連携し、生産性、効率、プロセス品質のさらなる向上を図るべく邁進しています。