• FPGA自動車レーダー (77GHz FMCW) の信号処理

    ターゲットの範囲、速度、到来方向(DOA)のリアルタイム予測を高パフォーマンスで実現

  • レーダーベースLCA & BSMの検証

    レーダーベースの車線変更支援(LCA)および死角確認(BMS)システム向けのグランドトゥルースデータ作成

  • システム革新で収益化を実現

    QuESTは最新式の機関車ライン向けに、最新技術を用いて既存の列車制御ディスプレイシステムをアップグレードしました。

ここ数年の鉄道制御技術の急激な発達により鉄道分野ではより高速化した鉄道が要求されています。一方でヒューマンエラーや故障があっても安全に列車を運行できる安全性の確保も同時に求められています。このように高速化し複雑化し、さらに無人運転が求められている近年の列車運用制御の設計の為には、列車運用に関する高い知見、通信装置、通信プロトコルに関する経験と知識そして、障害発生時での安全性の確保に関するノウハウが必要です。QuESTでは地上システム側の列車運行制御エンジニアのみならず、車上システム、地車間システムの経験を持つエンジニアを擁し、様々なお客様へサービスを提供しています。

ケーパビリティ・デモンストレーター・ 車線逸脱警告システム

  • ケーパビリティ・デモンストレーターでドライバーに車線逸脱警告を出し、交通安全を向上
  • 乗用車の安全向上に向けたOEM支援

ケーパビリティ・デモンストレーター・交通標識検出

  • 高精度の交通標識検出機能を備えたケーパビリティ・デモンストレーターでドライバーを支援し、乗用車の交通安全を向上
  • 乗用車の安全向上に向けたOEM支援

信号伝達システムの検証&妥当性確認

QuESTは機関車業界のお客様からの依頼を受け、「欠陥ゼロ」を目指して最適なテストプランの開発と手動テストのオートメーションなどのV&V(検証&妥当性確認)をサポートしました。

機関車向け トリップオプティマイザーソフトウェアの開発

QuESTは得意とするエンドツーエンド型開発で、信号伝達システムの開発と最適化を多数サポートしてきました。社内のエンジニアリソースの活用・解放をご希望のお客様はぜひお問い合わせください。

リーダーの声

  • ハリッシュ・K S

    QuESTの信号システムソリューションは、列車検知システムの設計、ポイント運用・検知システム、連動システム、SCADA/遠隔測定(テレメトリ)システム、ソフトウェアのV&V、PTCシステムテスト&維持、関連するシステムのサポートなど非常に多岐に渡っています。様々な分野からお客様のサポートが可能ですので、ぜひお声がけください。