• 短期間での
    スピード納品

    QuESTはトランスファーケースECUの再設計プロジェクトで、予算・納期厳守をモットーとしてスケジュール通りの納品を達成。同時にBoMコストの削減にも貢献しました。

  • テスト時間の短縮

    QuESTはハードウェアのプランニングとスケジュール策定の効率化によって、コスト削減とテスト時間の短縮を実現しました。

  • CFD分析によるSUVの排気音低減

    QuESTは予測分析を活用した、周囲にやさしいシステム設計ソリューションを得意としています。このプロジェクトでは排気口の空力音響予測を用いて、SUVの排気音低減を成功させました。

最新式の電子シャーシ制御ユニットは、現代の乗用車において快適さと安全性、そしてダイナミックな走行を実現するための重要な機能です。QuESTは豊富な業界知識と開発経験を生かして、仕様書作成からシステム統合、機能検証までさまざまなシャーシコンポーネントの開発をサポートしてきました。

QuESTでは、車両の最適かつダイナミックな駆動を司るすべての制御システムの開発に対応しています。過去にも電子ブレーキ制御システムをはじめ、シャーシ管理/横滑り防止装置など、車の俊敏な動きを制御する複雑なコントローラーシステムの開発に数多く携わってきました。また特に

QuESTはすべてのプロジェクトにおいて、コンセプト形成から生産開始に至るまでお客様と密にコミュニケーションを取ることを常に心がけています。また世界各地に開発拠点を有しているため、ターゲットとする現地市場に適応した製品の構想や開発にも柔軟に対応することができます。設計/コンピューティングに加えて、車両のE/Eアーキテクチャの機能安全性確保など、ただの開発に留まらない包括的な視点でしっかりとお客様をサポートいたします。

コンセプト形成~連続生産まで、QuESTでは各開発工程に対する専門知識と豊富な実績を有しています。

  • コンセプト形成
  • 機能仕様書の作成およびメンテナンス
  • シミュレーション(MBS – HiL)
  • システム設計/再設計
  • ECU制御ソフトウェア/アルゴリズムの設計・開発・メンテナンス
  • プラットフォームソフトウェアの開発・メンテナンス
  • ECUソフトウェアの検証&妥当性確認
  • ECUプロトタイプの開発
  • UDSに準拠した診断ソフトウェアの開発
  • AUTOSARに準拠したECUの開発・統合
  • 機能安全規格(ISO26262)に準拠したシステムの開発
  • 機械/電子プロトタイピング
  • コンポーネントおよび車両のテスト

パワートレインの幾何学的統合

QuESTは高級車メーカーのお客様からの依頼を受け、開発時の不具合を高速解析することによって大幅なコスト削減を達成しました。

パワートレインの開発

このプロジェクトでは、QuESTはオフサイトモデルを活用した低コスト開発でお客様をサポートしました。

最大限の成果を目指して

このプロジェクトでは設計改善とエアダクトの位置変更により、表面温度を20℃低減させることに成功しました。

リーダーの声

  • マーティン・シコリンスキー

    QuESTはより良いパフォーマンスと車内環境を求める市場ニーズに応えてさまざまな自動車ソリューションを提供しています。ハイブリッドドライブやレンジエクステンダー、電気自動車、コネクテッド・カーといった新興技術もカバーしています。