• Blog

    拡張現実(AR):車載インフォテインメントの未来

    拡張現実(AR)が今、世界の自動車工学分野で徐々に注目を集めています。ある研究によると、車載AR市場は2020年まで毎年約18%の成長率で拡大するだろうといわれています。では、「拡張現実」とは一体何なのか。今回はその詳細を紐解いていきたいと思います。

  • インフォテインメントシステム & クラスターパネル

    QuESTは機器クラスター分野の専門知識を生かして、車載インフォテインメントや単独プラットフォームとしての機器クラスターなど、数々のハイブリッドシステムの開発に携わってきました。

これまでのエンターテインメントや情報系の機器と保安系の機器の連携・統合が求められている次世代自動車ではISO26262に代表されるソフトウエアの安全性の保障が不可欠です。QuESTはどこよりも早くその必要性を認識し開発プロセス標準化に着手し世界で4番目の速さで、Automotive SPICE Level5を取得。もちろん社内の品質プロセス成熟度はCMMI Dev ML5. Ver1.2。ファームウエア、ドライバなどのプラットフォーム系のソフトウエアから、通信インターフェイス、アプリケーションインターフェイス、組込みアプリケーション本体、HMIまで継続した改善を積み上げてきたチームによるソフトウエア設計開発のトータルアウトソーシングに対応しています。

IVI HMI & アプリケーション開発

QuESTは独自のローカル/グローバル・デリバリー・モデルを活用して車載インフォテインメントシステムの開発を実施。業界でもその高い品質が認められ、広く話題となりました。

自己学習&インタラクティブシステム – 車載インフォテインメントがより豊かに

自動車業界は急速なデジタル化の進展と高度なアナリティクスの登場により大きな変化を遂げつつあります。「いつでも、どこでもつながる」テクノロジーに慣れたミレニアル世代は車内でも同様のWi-Fi環境を好み、移動

車載インフォテインメントの未来 – マルチディスプレイ・コックピット

飛行機のコックピットで、膨大な数のスクリーンを見ながらパイロットが操縦している光景。皆さんはイメージできますか? 今後間もなく、マルチディスプレイ型のコックピットが搭載された車が登場することでしょう

リーダーの声

  • クンジャチャン シェリー シー

    QuESTはHU設計、後部座席のエンタテインメント&オーディオアンプ、マルチモーダル型HMIの開発など、アプリケーション、ミドルウェア、プラットフォームソフトウェアからV&Vまでさまざまなインフォテインメントソリューションを手がけています。特にHMIの実装には定評があり、実際の生産プログラムでも多数導入されています。