• 高精度検知 高精度検知

    ディープラニング技術は今、最新の ADAS システム&自律走行車における道路パラメータ検知で広く採用されています。QuEST QuESTは以前のプロジェクトにて、ディー ラニングを使用した高精度交通標識検知ソリューションの開発に携わりました。

  • 試作検証- 電子ORVM

    旧来からあるドアミラーから、高パフォーマンスな電子方式への置換え、動作遅延の最小化、高パフォーマンス、イーサネットベースの低コストソリューション

  • 新規市場の開拓

    新興市場では今、交通サービスの需要がピークに達しています。QuESTは新興市場進出を希望されるお客様に向けて、エンドツーエンドの製品開発を通じて自動車モデルのローカライズをサポートしています。

コネクテッドカー・自動運転・IVIという言葉に代表されるように自動車の電子化は加速の一途をたどっています。そこでは多くの開発、検証はもとより高い信頼性と低コストなどを追求することも忘れてはなりません。こんな時代であるからこそ、QuESTの持つトータルアウトソーシングサービスがお役に立ちます。お客様自身のリソースはよりコアな技術や設計にフォーカス、人手と時間がかかる検証や、生産性を考えたコストダウン設計や量産性の検証のようなノンコアはトータルアウトソーシング。競争が激化する環境で短期間の開発を確実に実現する為に必要なリソースだけでなくQuESTは一連の業務をアウトソースしますので、お客様のオーバーヘッドコストを最小限にした開発環境を実現できます。

360度サラウンドビュー

QuESTは最新の画像処理技術を活用して、360度サラウンドビュー搭載の高性能駐車支援(パーキングアシスト)システムの開発に従事。駐車の安全性向上に寄与しました。

ディープラーニングによる交通標識認識

ディープラーニング技術は今、最新のADASシステム&自律走行車における道路パラメータ検知で広く採用されています。QuESTは以前のプロジェクトにて、ディープラーニングを使用した高精度の交通標識検知ソリューションの開発に携わりました。

電子油圧アクチュエータ レベリング制御システム

QuESTは電子油圧アクチュエータレベリング制御システム(ELCS)と制御モジュールの設計、開発、検証、プロトタイピングに携わり、お客様側での目標コスト要件に見合った形でプロジェクトを完了させました。

リーダーの声

  • ジェラルド・エルフィンガー(博士)

    QuESTのエレクトロニクス&ソフトウェアサービスはECU, アプリケーション開発、車両ネットワークプロトコルスタック、デバイスドライバ、ゲートウェイモジュールをはじめ、プロトコル変換、診断、独立型V&V、機能安全規格(ISO 26262)への準拠など非常に多岐に渡ります。独自のエンドツーエンド型ソリューションで、ハードウェア、ソフトウェア、製品テストなど、コンセプト形成から生産まで開発に関わるすべてのフェーズをサポートします。