ここ数年の鉄道制御技術の急激な発達により鉄道分野ではより高速化した鉄道が要求されています。一方でヒューマンエラーや故障があっても安全に列車を運行できる安全性の確保も同時に求められています。このように高速化し複雑化し、さらに無人運転が求められている近年の列車運用制御の設計の為には、列車運用に関する高い知見、通信装置、通信プロトコルに関する経験と知識そして、障害発生時での安全性の確保に関するノウハウが必要です。QuESTでは地上システム側の列車運行制御エンジニアのみならず、車上システム、地車間システムの経験を持つエンジニアを擁し、様々なお客様へサービスを提供しています。

レーダーベースLCA & BSMの検証
レーダーベースの車線変更支援(LCA)お…
case Study

システム革新で収益化を実現
QuESTは最新式の機関車ライン向けに、…
case Study
リソース
ニュース
もっと詳しく知る?
お問い合わせ