これまでのエンターテインメントや情報系の機器と保安系の機器の連携・統合が求められている次世代自動車ではISO26262に代表されるソフトウエアの安全性の保障が不可欠です。QuESTはどこよりも早くその必要性を認識し開発プロセス標準化に着手し世界で4番目の速さで、Automotive SPICE Level5を取得。もちろん社内の品質プロセス成熟度はCMMI Dev ML5. Ver1.2。ファームウエア、ドライバなどのプラットフォーム系のソフトウエアから、通信インターフェイス、アプリケーションインターフェイス、組込みアプリケーション本体、HMIまで継続した改善を積み上げてきたチームによるソフトウエア設計開発のトータルアウトソーシングに対応しています。

拡張現実(AR):車載インフォテインメントの未来
拡張現実(AR)が今、世界の自動車工学分…
case Study

インフォテインメントシステム & クラスターパネル
QuESTは機器クラスター分野の専門知識…
case Study
リソース
ニュース
もっと詳しく知る?
お問い合わせ