• 世代を越えて受け継がれる、スケーラブルで持続可能な組織を目指す

    QuESTでは最先端のエンジニアリング技術を取り入れるべく、日々努力を続けています。

設立10年を超えてもなお2桁の年間成長率を維持できる企業は、約1万分の4だと言われています。QuESTは設立当初から10年目に至るまで、常に30%以上の年平均成長率を保ってきた稀有な企業のひとつです。1997年にほんの小さな一室でスタートし、9か国で7500人の従業員を抱える成長企業になるまでには非常に長い道程がありました。今や世界30ヶ所以上の拠点を通じてグローバル企業の業績向上に貢献しています。QuESTは組織の多様性を核として、フォーチュン500に選定されているさまざまな業界のリーダー企業に長年サービスを提供してきました。当社のメカトロニクスソリューションにおいては、この組織の多様性を活かし、開発・生産・運用ライフサイクルに至るまでの包括的なサポートを行っています。

エンジニアリングサービス専門のプロバイダーとして、QuESTは同じ志をもつエンジニアや起業家たちを魅了し続け、その一翼が現在の社員となり、お客様となり、パートナーへとなりました。創設者であるアジット・プラブとアラヴィンド・メリジェリはオープンな思考と目的意識にあふれており、設立当初よりQuESTの外部要因による成長を促進するための施策を考えていました。そして、設立後すぐの1998年にLexical Engineeringの買収を決断。その後スペイン企業Interfaceを買収して高性能の技術データサービスセンターを立ち上げたほか、イギリスの大手企業GKN Aerospaceのエンジニアリング部門も獲得しました。またシンシナティ(米国 オハイオ州)のエンジニアリング企業ASEとの提携により、ハイエンドなエンジニアリングサービスをお客様に提供することが可能となりました。直近ではヒューストン(米国 テキサス州)の石油&ガス企業Beeken、医療機器およびその他の新興産業分野に強いNeST Software、ドイツの自動車エンジニアリングサービス会社であるEDFなどとの事業統合を果たしました。

写真で見るQuESTの歩み写真で見るQuESTの歩み